FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥の詩 転調 折戸伸治

神曲と名高い、鳥の詩の分析です。
この曲には転調の妙技が詰まっているので、それを見ていきましょう。

始まりはニ長調です。
トニックではなく、サブドミナントから始まっていますが、これはポップスではよく目にするものです。
IV-V-VIという進行を何度も繰り返し、なんと曲の最後まで一度たりともトニックが出てきません。
後述する転調といい、曲全体で調性をあいまいにようという意図が感じられます。

最初の転調は27小節目で、ロ長調に転調します。
ここでも転入和音はロ長調のサブドミナントで、調を移してIV-V-VIを繰り返します。
離脱和音のBmが同主短調のトニックとみなせるので、Bm→EはI→+IV、いわゆるドリアのIVになっており、これがここの転調効果を演出しているのだと思われます。

次に出てくる転調は43小節目で、嬰ハ長調に転調します。
楽譜上では変ニ長調となっていますが、これはHdurのII調と見るべきなので、嬰ハ長調と表記したほうがいいでしょう。
ここも先ほどと同じで、離脱和音→転入和音がI→+IVになっています。
離脱和音が先行調のVIとなっているのは書き間違いですね……。正しくはIIです。
転調する際に、メロディが半音で降りてくるのがいいですね。
元の調からはみ出したことで、おっ、と一瞬耳を引きます。

もしかしたら55小節目に違和感を感じる人がいるかもしれません。
それは、ここまでずっと調性を不明瞭にしていたのに、唐突に同主短調からの借用をやっているため、いりなり強く調性を感じるためです。
理論上は問題のない進行が、耳で聞くとおかしく聞こえることもあるといういい例ではないでしょうか。
慣れたら普通に聞こえるかもしれませんが……。

最後の転調は58小節目に出てきます。
ここの転調は、ジャズやボサノバでよく見る裏コードの関係になっています。
詳しくはいずれ解説しますが、トニックの半音上のドミナントのことを代理コード(裏コード)といいます。
この転調で、また始まりのニ長調に戻ってきます。


今回は遠隔調への特殊な転調を見ていきましたが、次回はドミナントモーションを使った一般的な転調を見ていきたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=jIrjBfkzt_w
http://www.youtube.com/watch?v=M8ahN92nz_8&feature=related
(二つ目のリンクで、田中公平さんと神前暁さんがこの曲について簡単に解説しています)

鳥の詩
鳥の詩1
鳥の詩2
鳥の詩3
鳥の詩4
鳥の詩5
鳥の詩6
鳥の詩7
鳥の詩8


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sponsored link
プロフィール

70449257

Author:70449257
作曲やってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
amazon
sponsored link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。