FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汐 CLANNAD 戸越まごめ

クラナドの汐という曲を分析してみました。楽譜は「ぴこのスコア」さんからお借りしました。
無題
ピアノソロのシンプルな構成。アニメのタイトルシーンで流れていた曲ですね。
調は嬰ヘ長調(F♯)。
序盤はトニック→サブドミナントの繰り返し。
その先のIII-VI-III-VIも問題ないでしょう。

11小節目から調性外の音が出てきます。
まずその11小節目ですが、採譜された方は三拍目をレのナチュラルで記されてます。しかし、ここは次のVIのドミナントなので意味合い的にはドのダブルシャープで記したほうがいいと思われます。副次調のドミナントというやつです。確か和声の三巻に出てきたと思います。
12小節二拍目のシ♯はドッペルドミナント。ここでは一拍ごとにコードを変えて盛り上げています。

そこからは特につまづきそうなところもないので、そのままざっと進んで21小節目。
一拍目がI。これは普通。
二拍目がわかりにくいかもしれませんが、cis(ド♯)を抜いて考えればただのIV。それに属音を保続しただけのことですね(ポピュラー風に書くとIVadd9)。
三拍目の和音はIで、ここもgis(G♯)が気になるかもしれませんが、これはfis(F♯)の転位音。四拍目のfisに解決します。ためしにgisをfisに置き換えて引いてみると、そっちのほうが自然に聞こえます。
四拍目はV7sus4。このfisもf音の転位です。
ありきたりにI-IV-I-Vと進んでも面白くないので、非和声音を加えたり音を転位させたりして工夫しています。
このあたりのさじ加減が作曲者の個性となって現れてきますので、参考にしたいところです。

曲のリンクです。
http://www.youtube.com/watch?v=d-IaLv_6R3c&feature=related


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sponsored link
プロフィール

70449257

Author:70449257
作曲やってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
amazon
sponsored link
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。